iPhone修理 福岡(博多)

i OS 13.5.5からi OS 13.6への進化!具体的な変更点とは? iPhone修理 福岡(博多)なら博多駅駅近のスマホスピタル博多駅前にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 福岡(博多)
  • オンライン予約はコチラ。iPhone修理 福岡(博多)

iPhoneお役立ち情報

最新iPhone・スマホ情報

i OS 13.5.5からi OS 13.6への進化!具体的な変更点とは?

[2020.06.12] スマホスピタル博多

カテゴリー:最新iPhone・スマホ情報

福岡、博多にてiPhone修理の専門店をお探しならぜひスマホスピタル博多駅前店をご利用くださいませ。
スマホスピタル博多駅前店ではiPhoneのガラス割れ交換修理はもちろんのこと
バッテリー(電池パック)の交換やカメラ、充電口(ドックコネクター)の交換修理等も幅広く対応しております。
iPhoneの故障でお困りの際にはぜひともデータそのまま、即日修理のスマホスピタル博多駅前店へおまかせくださいませ!

先日6月9日にiOS 13.6とiPad OS 13.6(ベータ2)が開発者向けに配信が開始されました。
前回公開されたiOS 13.5.5(ベータ1)には「追跡API」の機能が導入されています。
この追跡APIとはパンデミックの拡大を抑えるため、各国がウイルス感染者に接触した疑いがある人をアプリにより特定し、早急な感染拡大防止を目的として開発されたものになります。

こちらは現在日本でも導入が検討されており
厚生労働省がアプリの提供元となりアプリ開発を行う予定となっております。
この機能が実装されれば、より正確に感染拡大を防止することが出来るため非常にメリットも大きいですが
これにより個人情報等の人権問題にも直面してしまうかと思われます。

しかしながら今回GoogleとAppleの協力もあり、プライバシーを優先し位置情報を使用しての追跡ではなく
スマートフォンに搭載されたBluetooth機能を用いて「このスマートフォンはこの端末の付近にいたかどうか」というごく限られた情報しか反映されず、個人情報等は一切取得する必要がないとのことです。
この取組はあくまで新型コロナウイルスの終息に向けてのものとなるため
感染拡大が終わればシステム提供を終了するとのことです。
個人情報を守りつつ、正確で迅速な感染防止対策に繋がることが期待されますね。

それでは話が少し戻りますが
今回配信されましたiOS 13.6には新しい要素として2つの新要素が導入されたとのことです。

この2つの要素というのは
・ヘルスケアアプリでのカテゴリーの追加「Symptoms(症状)」
・設定画面で確認ができるソフトウェア・アップデートに自動的にインストールするかどうか選択できるようになった。

それでは具体的に説明を行っていきましょう
・ヘルスケアアプリでのカテゴリーの追加「Symptoms(症状)」
これは現在配信中のヘルスケアアプリ上で日々の体の状態、例えば頭痛や腰痛などの体の少しの変化等も軽度~重度と選択式で記録を残すことができ
この機能により自分自身の体の変化にいち早く気づくことが出来ます。
またこういった細かい記録を残すことで医療機関を受信する際に普段の様子として医師と相談するときにも役立つことでしょう。
ただしこの症状については自動的に記録ができるものではなく、
自己申告ということで自分で入力する必要があるため少し手間ではあるかもしれませんね。

次に追加された要素として
・設定画面で確認ができるソフトウェア・アップデートに自動的にインストールするかどうか選択できるようになった。
ということですが、今までも自動的にアップデートを行う設定はできていました。
ただし今までの設定ではソフトウェア・アップデートが配信されたタイミングで
自動アップデートに設定していると端末自身がソフトウェアのダウンロードとインストールをまとめて自動で行っていました。
基本的には夜間のアップデートとなっていたので、朝起きたらソフトウェアが更新されていたということもありましたね。
通常その機能自体には問題はないのですが
例えば更新したソフトウェアに問題があり、自動でアップデートを行ってしまったがためにそのソフトウェアの問題が起こってしまったということもあります。
これについてはソフトウェアのアップデートの自動更新をオフにして配信後周囲の状況(ネット上での評判)などを聞いた上で問題がなさそうであればアップデートを行うという手法が一般的では有りました。

また自動アップデートの弊害として
新しいソフトウェアのデータをダウンロードする際に端末自体のデータ容量がいっぱいになっていたりすると容量オーバーとなってしまい、
リンゴループ(端末が起動してリンゴマークが点灯して、消えてを繰り返してホーム画面まで進めない症状)になってしまう可能性が非常に高くなってしまうのです。
実際にスマホスピタル博多駅前店でもリンゴループ状態でご来店される方も多く
朝起きたらこの状態になってしまっていたなんてことも…。

リンゴループ状態から回復を目指すためにはシステムの整理を行わなければならないため
パソコンに繋いでの操作が必要となります。
当店ではこちらの場合もデータ復旧としてご案内させていただいておりますので
現在同じ様な症状でお困りの際には是非スマホスピタル博多駅前店までお気軽にお問い合わせくださいませ。

ということで話は少し戻りますが
今回のiOS 13.6により新ソフトウェア・アップデートはダウンロードとインストールの自動化が個別に選択可能となりましたので
これを選択しておくことで勝手にインストールしてしまいリンゴループに陥ってしまう危険性も減るのではないでしょうか?
ベータ版ということですので正式にサービスが提供されましたらぜひご利用になられてみてはいかがでしょうか?

fukuoka

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル博多駅前店の詳細・アクセス

〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-14 第2宮島ビル2F

営業時間 10時30分〜20時30分 (無休)

電話番号 092-475-7007

E-mail info@iphonerepair-fukuoka.com

オンライン予約 スマホスピタル博多駅前店 WEB予約 >>

一覧に戻る
  • お電話でご予約の上ご来店下さい iPhone修理 福岡(博多)
  • お問合わせはコチラ iPhone修理 福岡(博多)

092-475-7007 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 福岡(博多)

お問合わせはコチラ iPhone修理 福岡(博多)

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone修理 福岡(博多)
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone修理 福岡(博多)
  • 学割キャンペーン iPhone修理 福岡(博多)
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone修理 福岡(博多)
  • 修理内容一覧 iPhone修理 福岡(博多)
  • 修理価格一覧 iPhone修理 福岡(博多)
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル

新着iPhone修理ブログ

  • 画面端の黒もやiPhone 6sの画面交換修理

    [2020.11.25] スマホスピタル博多駅前

    今回スマホスピタル博多駅前店へご依頼いただいたのはiPhone 6sの画面交換です。 お客様の端末を確認しますと画面に貼っていた衝撃吸収フィルムのおかげでしょうか、ガラス画面にヒビは入っていませんが黒...

  • iPhone 8 画面&バッテリー交換修理 お得なセット料金にてご案内致しました。 

    [2020.11.24] スマホスピタル博多駅前

    今回ご相談いただいたのはiPhone 8 の画面割れについてです。 駅のホームで落としてしまい、細かく割れてしまったようです。 まずは端末の状況をご覧ください。   スマホスピタル博多駅前店...

  • iPhone XS Max画面交換修理 リビングの床に落として液晶が真っ暗に!?スマホスピタル博多駅前店で改善!

    [2020.11.23] スマホスピタル博多駅前

    今回、ご紹介させていただきますのはiPhone XS Max画面交換修理です。 iPhone XS Maxの仕様 カラーバリエーションは、ゴールド、スペースグレイ、シルバーの全3色となります。 容量は...

修理速報